2006年1月18日 (水曜日)

『男たちの大和/YAMATO』

「男たちの大和/YAMATO」観に行って来ました。

出演していらっしゃる俳優の方々の演技に、心、打たれました。本当に、魅力的に演じていらっしゃいました。

以前、この映画の試写の頃、もし戦争がはじまったら、あなたは戦争に行きますか?の質問に、反町隆史さんと中村獅童さんは「はい。愛する人を守るために行きます。」と答えられ、渡哲也さんは、「国をまもるために行きます。」と答えられていました。

その時は、そんなこと、影響力が強い人がメディアで言っちゃいけないよねって思ってました。

このたび、映画を見て、、、なんか、納得してしまった。本当に、役になりきられてたんだと思う。

男の人は、この映画を観て、燃えるんだろうか。。私は、悲しかった。。

観終わったあとは、気持ちが重くて、重くて、、

たどり着く先がわかってても、行くしかないトップの人たち。

大きな流れに飲み込まれる命たち。

そんな中にも、必ずいろんな形の愛はあって。。

はかなさゆえに、キラキラと煌きすぎて、、

それが、またまた哀しさをつれてくる。。。

エンディングの長淵剛さんの『CLOSE YOUR EYES』は、とてもきれいなメロディで、曲が終わるまで、誰1人として席を立ちませんでした。

その日、私の着メロはオルゴールアレンジの、この曲になりました。(^◇^;)ゞ

それからね、映画館の明かりがついた時、私は何故かスマップの『Triangle(トライアングル)』が無性に聞きたくなっちゃった。。

でね、この映画を観た人みんなにも聞いて欲しいなって思ちゃったの。。

*:..。o○☆aloha&mahalo

yoshie

| | コメント (2) | トラックバック (3)