« 音楽の世界の住人たち*:..。o○☆ | トップページ | すごい♪ビタミン C錠 »

2006年1月23日 (月曜日)

講演会「精神疾患に対する偏見をなくすために」

昨日、ピンチヒッターで出席した講演会です。

何度も、何度も書き直しても、変な文章になって、うまく伝えられないから。。

内容を書くのはあきらめて、感想を書くことにしました。

この病歴がある人が犯した犯罪では、病気のことがクローズアップされて、私たちに、この病気に対する恐怖心とか偏見を過剰に抱かせます。

実際は、通院して、ちゃんと薬を服用してれば、社会生活を普通に送れるなんて、知らなかった。。

遺伝するかもしれない病気じゃないことさえも、、知らなかった。。

日本の一般刑法犯の検挙者数は、人口の0,27%、この検挙者数のうち精神障害者と認められる人は、わが国の精神疾患患者数の0,03%・・知らなかった。。

犯罪に走る人は少なく、自殺に走るひとが非常に多い。知らなかった。。

周りに、そんな病状の人がいないと、あまり深く考えずに、知ろうともしないで、適当に信じちゃう。。私も。。ごめんなさい。。そして、そんな私みたいな人が大部分を占めて、社会の風潮をつくりあげてしまう。。反省しなきゃ。。

外国では、この病気に対する理解も、社会的なサポートも進んでるそうです。

日本でも、地域が立ち上がって、サポート体制に入ってるところが、もう、あるそうです。

自ら、病気であることを公表して、がんばって社会に貢献していらっしゃる方々の努力の賜物です。

エイズ、C型肝炎、ハンセン病、今までいろんな病気が恐がられてきたけど、

正しい理解があれば、受け入れられてきたね。

社会の1員として、責任を持って判断していくことを心がけねばと強く思わせてくれた講演会でした。

追記:ストレスに弱い人、そして、自分にとってのショックな事が重なったり、体調が悪かったりのストレスに弱い時期にも発病しやすいそうです。失恋や、職場のいざこざとかも。。

生活環境さえもストレスをかけだしてる今の地球。人間関係も、より感じやすくなってしまってるんでしょうね。。

みなさんのストレスが、少しでも少なくなって、悲しい思いをする人が1人でも少なくなっていったらな~って思います。

過酷な環境の中、いろんな分野で頑張ってる方々に、おもいきりエールを送りたいです。

そして、自分のものさしで見ることを習慣にするために、意識することを誓います。

☆aloha&mahalo*:..。o○☆

yoshie

|

« 音楽の世界の住人たち*:..。o○☆ | トップページ | すごい♪ビタミン C錠 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26501/466653

この記事へのトラックバック一覧です: 講演会「精神疾患に対する偏見をなくすために」:

« 音楽の世界の住人たち*:..。o○☆ | トップページ | すごい♪ビタミン C錠 »